「アビガン」今週中にも38カ国無償提供へ 茂木大臣[2020/04/28 19:03]

 新型コロナウイルスの治療薬として期待される「アビガン」について茂木外務大臣は、これまでに70カ国以上から提供要請があり、うち38カ国については早ければ今週中にも無償提供すると発表しました。

 茂木大臣は無償提供に向けてすでに調整が整っていたインドネシアやハンガリーなど20カ国に加えてアイスランド、オランダ、フィリピンなど18カ国を合わせた合計38カ国にアビガンを無償提供すると明らかにしました。早ければ今週中にも国連の機関を通して輸送が開始される予定です。各国での臨床データは日本に提供される予定で、茂木大臣は「治療薬の開発における官民の取り組み強化と国際協力を一層、進めていきたい」としています。また、茂木大臣は空港封鎖などの影響で帰国を希望しているにもかかわらず帰国できずにいる日本人が約40カ国に640人いて、うち450人については出国のめどがついていると明らかにしました。外務省は残る約190人についても帰国に向けて支援していく考えです。

こんな記事も読まれています