大学病院経営危機で総理に財政支援[2020/05/18 21:41]

 新型コロナウイルス感染症の影響で全国の大学病院などが経営難に陥いるとして、医療関係者が安倍総理大臣に財政支援を求めました。

 横倉日本医師会長:「総理からは大学病院が今、危機的状況にあるということがよく認識をされたと思いますし、今回のコロナの感染症でやっぱり医療っていうのは非常に重要であるので特に大学病院をしっかりと維持できるようにしていきたいと」
 全国80の大学病院の院長らの会合によりますと、新型コロナウイルスの患者の受け入れに伴って感染防止のために使用できるベッド数を減らしたことや集中治療室の確保のために手術件数を制限していることが病院経営を圧迫しているということです。政府は近くまとめる第2次補正予算で医療体制に関する支援を大幅に増額する方針を示しています。

こんな記事も読まれています