東京五輪の簡素化を検討 観客数や選手の移動で制限[2020/06/04 10:41]

 来年夏の東京オリンピック・パラリンピックについて、新型コロナウイルスの世界的な流行が長期化することを見据えて開催方式の簡素化が検討されていることが分かりました。

 複数の政府関係者や組織委員会関係者によりますと、簡素化の具体策として屋内競技での観客数を制限することなどが検討されています。また、感染防止策として選手の日本滞在中の移動を制限することや観客にもPCR検査を求める案が浮上しています。安倍総理大臣はオリンピックの1年延期を決定した際に規模を縮小しない「完全な形」での開催を強調していました。ただ、ワクチンの量産化が見通せないなかで、日本側としては現実的な案を模索することで大会の中止を回避したい考えです。

こんな記事も読まれています