菅長官「遺憾」表明 より強い表現で中国対応批判[2020/06/30 12:29]

 香港メディアによりますと、中国の国会にあたる「全人代(全国人民代表大会)」の常務委員会は反体制的な言動を取り締まる「香港国家安全維持法案」を全会一致で可決しました。

 菅官房長官はこれまでより強い表現で中国の対応を批判しました。
 菅官房長官:「我が国としては国際社会や香港市民の強い懸念にもかかわらず、同法(香港国家安全維持法)が制定されたことは遺憾であります。引き続き関係国と連携し、適切に対応していきたい」

こんな記事も読まれています