“GoTo”で自民・石破氏「都民や観光業界に配慮を」[2020/07/20 21:00]

 自民党の石破元幹事長はGoToキャンペーンの対象から東京都を外したことに対し、都民や観光に配慮した対応が必要だと指摘しました。

 石破元幹事長:「東京でも夏休みは短縮もされたわけで、夏休み楽しみにしていた人たちいっぱいいるはずですよ。そういう人たちの思いをいかに大切にするかということと、東京でもオリンピックを見込んでいっぱいホテル建っているわけですよね。お客さん来ないで皆泣いているわけですね。そういう国民の気持ちや関係団体の気持ちをどうすれば満たすことができたかという配慮はこれからあってもいいんじゃないですか」
 そのうえで、石破元幹事長は感染拡大防止と観光産業の立て直しの両立を図るために、自分の住む都道府県内での観光や旅行を楽しむマイクロツーリズムを促していくべきとの考えを示しました。また、東京都を除外する決定の手順について、政府が分科会に先に提案したことに対して「分科会で専門家の意見を聞く」と政府が説明していたことと「順序が違う」と指摘しました。

こんな記事も読まれています