東京五輪に向け入国緩和策を検討 安倍総理が表明へ[2020/07/22 06:12]

 政府は来年夏の東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けた入国緩和策について検討を始めます。

 政府関係者によりますと、22日の午後開く新型コロナウイルスの対策本部で安倍総理大臣が選手や大会関係者に限り感染状況が落ち着いていない国からでも入国を認める仕組みを検討することを表明します。来年夏の確実な開催に向け、環境整備を加速する狙いです。また、中国や韓国、台湾などと出入国制限の緩和に向けた交渉を本格化させることやPCR検査の体制を強化することなども打ち出します。

こんな記事も読まれています