自衛隊が不用品売却 初のオークションで計580万円[2020/07/27 06:26]

 防衛省は自衛隊の装備品のオークションを初めて行い、30品合わせて580万円以上で落札されました。

 河野防衛大臣:「ラストコール、66万100円。いらっしゃらなければ273番の方に落ちます」
 オークションの参加者は、新型コロナ対策のため都内に住む176人に絞られました。陸・海・空の自衛隊で使用済みの装備品30品が出品され、最も高額だったのは航空自衛隊のヘルメットと酸素マスクなどのセットで、66万円で落札されました。
 河野防衛大臣:「売上総額が581万8000円ということで、望外の金額になりまして」
 河野大臣は逼迫(ひっぱく)する防衛予算の一助となるよう、今後もオークションを続けていく考えを示しました。

こんな記事も読まれています