「戦後最大の危機」 野党が臨時国会召集を要請へ[2020/07/29 15:27]

 立憲民主党などの野党は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、現状では「十分に対応できていない」として臨時国会の召集を求める方針を決めました。

 安住国対委員長:「総理が全く国会に出てこない状況でこれ以上の議論というのはなかなか成り立たない。戦後最大の危機だと思うので冗談抜きにこれは通年でやるべきだ」
 国会では先月に通常国会が閉会してから週に1回、委員会を開いていますが、安倍総理大臣は一度も出席していません。野党側は「感染拡大が予断を許さないなかで、休んでいる場合ではない」として、速やかに臨時国会を開くよう与党側に伝えました。今月30日、野党の党首会談を行ったうえで、正式に憲法の規定に基づく臨時国会の召集を求める方針です。

こんな記事も読まれています