熱中症で6664人搬送 先週から倍近くに急増[2020/08/12 18:54]

 総務省は先週1週間に熱中症により救急車で運ばれた人が6600人を超えたと発表しました。

 総務省消防庁によりますと、3日から9日の間に熱中症で救急搬送された人は6664人でした。前の週の3426人に比べ、倍近くにまで急増しています。このうち半数以上は入院の必要のない軽症でしたが、3%ほどの人が3週間以上の入院が必要な重症者で180人でした。また、死亡者も10人に上っています。運ばれた人の6割近くは65歳以上の高齢者でした。熱中症になった場所は家の中が一番多く、4割ほどに上りました。消防庁では室内の適切な温度調整やこまめな水分補給のほか、暑い場所ではマスクを外すことなども呼び掛けています。

こんな記事も読まれています