徴用工問題など関係改善を訴え 日韓首脳が電話会談[2020/09/24 12:30]

 菅総理大臣は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話で会談し、元徴用工問題の解決をはじめ、日韓関係の改善が必要だと訴えました。

 菅総理大臣:「文大統領には旧朝鮮半島労働者問題をはじめとして現在、非常に厳しい状況にある両国関係をこのまま放置してはならない旨、私から伝えました」
 そのうえで、菅総理は「韓国に適切な対応を強く求めていきたい」と強調しました。また、会談のなかで菅総理は文大統領に対して「日韓両国は極めて重要な隣国であり、連携が重要だ」と指摘しました。さらに、新型コロナウイルスに協力して対応していくことも呼び掛けました。日韓の首脳が協議するのは去年12月以来、9カ月ぶりです。

こんな記事も読まれています