「できる限り往来を再開」10月以降 入国制限緩和へ[2020/09/25 18:56]

 菅内閣として初めてのコロナ対策本部で、菅総理大臣は10月以降、海外からの入国制限を緩和するとの方針を決定しました。

 菅総理大臣:「経済再開のためには国際的な人の往来の再開が不可欠です。菅内閣として来月以降、観光客以外については日本人外国人を問わず、検査をしっかり行ったうえでできる限り往来を再開していく方針で臨みます。感染状況が落ち着いている国、地域からの長期滞在者を主な対象とした新規入国の枠組みについては、これまでビジネス上必要な人材に限定してきましたが、留学や家族滞在などの分野にも拡大します。世界各国・地域からの新規入国についても一定の要件を課したうえで順次認め、これらの措置について10月1日から実施する」

こんな記事も読まれています