自民・下村政調会長 日本学術会議の在り方議論へ[2020/10/08 06:11]

 自民党の下村政調会長は、日本学術会議について「活動が見えず、課題がある」と述べて、党内で在り方を議論する方針を示しました。

 自民党・下村政調会長:「学術会議としての活動が見えていない。ちょっと色んな課題があるのではないかと我々は思っています」
 下村氏は、学術会議から提言は出されているものの、政府に対する答申や勧告などが過去10年、ほとんど行われていないと指摘しました。答申はそもそも政府からの諮問がない限り出されませんが、下村氏は「役割がどの程度、果たされているのか議論が必要だ」と問題視しました。また、「欧米ではほとんどのアカデミーが非政府組織だ」とも述べ、行政改革の一環として議論し、政府に提言する考えを示しました。

こんな記事も読まれています