「コロナ収束見通せるまでは解散難しい」二階幹事長[2020/12/27 18:55]

 自民党の二階幹事長はBS朝日の番組に出演し、新型コロナウイルスの収束が見通せるまでは衆議院の解散・総選挙に踏み切るのは難しいとの見方を示しました。

 自民党・二階幹事長:「世の中が今コロナに対する対策をどうするかということで皆が毎日心配して右往左往しているわけでしょ。こういう時に選挙だよって言うわけにいかないじゃないですか」
 二階幹事長は、「コロナが解決する見通しがつけば、支持率は上がってくる」と述べ、感染の拡大と解散時期が関係してくるとの見方を強調しました。一方、14日夜に都内のステーキ店で菅総理大臣らと8人で会食したことについて、問題はないとの認識を示しました。
 自民党・二階幹事長:「飲食店でやったって言ったって、それは飯を食うために集まってきたんじゃないんですよ。ただ、そこで会議、会合、その時間に出会ったということですよ。この今の事態に対してもどう対応するかなども考えてやってるんですから。全く無駄なことやってるわけじゃないですよ」

こんな記事も読まれています