感染症法改正案 入院拒否などに「懲役刑」削除へ[2021/01/27 11:52]

 感染症法の改正案で入院を拒否した場合などに科す懲役刑について、与党側は削除する方向で最終調整を行っています。

 与野党による法案の修正協議は大詰めを迎えています。

 新型コロナ特措法改正案で、緊急事態宣言の前段階として新設する「蔓延(まんえん)防止等重点措置」について、野党は国会への事前報告を求めています。

 ただ、与党側は事後報告にとどめて法案は修正せず、付帯決議に盛り込みたい考えです。

 感染症法改正案では入院拒否の場合などに科す懲役刑について、与党側は削除する一方で、罰金刑は残す考えです。

 ただ、野党側は「罰金刑は重い」と見直しを求めていて、刑事罰を取り下げるかどうかが焦点です。

こんな記事も読まれています