社会保障などを持続可能へ 財政再建で自民が勉強会[2021/03/11 17:02]

 新型コロナウイルス対策などで悪化する日本の財政を巡って今後、社会保障など各制度の持続可能性を確保する必要があるとして、自民党は財政再建を推進する勉強会を今年初めて開きました。

 自民・額賀元財務大臣:「非常時だから金はいくら使ってもいいという形で今やっておりますけれども、危機が終わったら、平時に戻ったら今のままでいいのかということは許されないと」

 会合では新型コロナ対策として財政出動を行う必要はあるとする一方、赤字が膨らむことに対して多くの国民が不安を抱えているといった意見が出ました。

 高齢化が進むなか、社会保障などを持続可能にしていくため、政策の基本骨格である6月の骨太の方針に間に合うように提言を取りまとめたい考えです。

こんな記事も読まれています