“第4波”の認識は? 菅総理「強い警戒感が必要」[2021/04/05 12:00]

 国会では、新型コロナウイルスの感染が再拡大していることを踏まえ、今後の対応が議題となっています。

 (政治部・土田沙織記者報告)
 菅総理大臣は今の状況について「第4波」という認識は示しませんでしたが、「強い警戒感が必要だ」と強調しました。

 立憲民主党・古賀参院議員:「第4波の可能性についてどのようにお考えか」

 菅総理大臣:「第4波といった全国的な大きなうねりとまではなってはおりませんが、政府としては強い警戒感を持って対応することが必要であると考えている」

 そのうえで、大阪や兵庫の緊急事態宣言を一足早く解除したことは当時の判断としては適正だったと強調しました。

 また、菅総理は「子ども・子育て政策」を一元化する「こども庁」の創設に強い意欲を示しました。

 次の衆院選は子ども政策で勝負に出る構えで、例えば、虐待の問題では関わる省庁が複数にまたがることから「縦割りを打破したい」と強調しました。

 ただ、各省庁などからの抵抗も予想され、どこまで踏み込めるかが焦点です。

こんな記事も読まれています