政府“週休3日制”導入検討へ ネット上で賛否両論[2021/04/06 11:09]

 加藤官房長官は5日、希望する人が週休3日で働ける「選択的週休3日制」の導入について、今月中にもまとまる自民党の中間提言を踏まえ、検討する考えを示しました。

 自民党の一億総活躍推進本部は、週休3日制のメリットについて、子育てや介護のほか、休みを利用してふるさとで兼業するなど、地域活性化にもつながるとしています。

 一方で、週休3日を選択した場合は、給料が2割程度減るケースも想定され、インターネット上では「週休3日にしても、給料減ったら意味ないんだよな」「1日10時間(労働)でもいいから、週休3日の方が良い」「週休3日もいいんだけれども、休めない人との格差が広がるだけだよな」など、様々な意見が出ています。

(「グッド!モーニング」2021年4月6日放送分より)

こんな記事も読まれています