日印首脳電話会談 中国海洋進出に深刻な懸念[2021/04/26 23:42]

 菅総理大臣はインドのモディ首相と電話で会談し、東シナ海や南シナ海における中国の現状変更の試みに深刻な懸念を表明しました。

 電話会談は約30分にわたって「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた二国間、そしてアメリカとオーストラリアを合わせた4カ国「クアッド」の協力を確認しました。

 菅総理は軍事的な圧力を強める中国を念頭に、アメリカに続いて大型連休中にインドとフィリピンを訪問し、さらなる連携を内外に示したい考えでしたが、新型コロナ対策に専念するため取りやめた経緯があります。

 両者は今後の感染状況を見つつ早期に訪問を実現することで一致しました。

 政府関係者によりますと、近くフィリピンのドゥテルテ大統領との電話会談も調整されています。

こんな記事も読まれています