感染深刻のインド支援 人工呼吸器300台など提供へ[2021/04/30 11:55]

 感染拡大が深刻化するインドに対して各国から支援の表明が相次ぐなか、日本政府は医療機器を提供すると発表しました。

 加藤官房長官:「今般、我が国はインド側との調整が整えば、酸素濃縮器300台及び人工呼吸器300台を供与する手続きを進めることと致しました」

 また、加藤長官はインドの感染状況に応じて今後も速やかに追加支援を検討していく考えを示しました。

 医療用の酸素が不足するインドにはアメリカやヨーロッパ諸国が支援を表明していて、日本政府もそれに続いた形です。

こんな記事も読まれています