大規模接種でキャンセル 余剰ワクチンは自衛官らに[2021/05/19 12:03]

 24日から始まるワクチンの大規模接種で、防衛省はキャンセルが出て余った場合、自衛官らに打つことで最終調整していることが分かりました。

 自衛隊が運営する東京と大阪の大規模接種センターでは、24日から30日まで東京23区と大阪市内に住む65歳以上の高齢者合わせて7万5000人がワクチンを接種する予定です。

 関係者によりますと、予約のキャンセルが出てワクチンが余った場合、センターの運営にあたっている隊員らに打つことで最終調整しています。

 今後、大雨や地震などの災害派遣の任務にあたる自衛官らも多いためとしています。

こんな記事も読まれています