国会議員のワクチン接種「検討すべき」自民総務会長[2021/05/25 15:09]

 国会議員のワクチン接種について自民党の佐藤勉総務会長は危機管理上、必要だとして、国会などでの接種を「検討するべきだ」と述べました。

 自民・佐藤勉総務会長:「別に既得権益を誇示するということではなくて、大事な議論をしている国会が誰も打っていないということ自体が、危機管理上おかしいのではないか」

 佐藤会長は「国会はクラスターが起きないことが不思議なくらいの状況下だ」として、「世論が怖くて、国会議員が打てないというのはおかしい」と強調しました。

 万が一、国会で感染が広がり審議が止まるようなことは危機管理上あってはならないとして、与野党で協議するよう求めました。

 国会では、「特権階級」との批判を懸念して国会議員への接種について具体的な議論は進んでいません。

こんな記事も読まれています