野党4党 内閣不信任案提出へ[2021/06/15 06:20]

 16日の会期末を前に立憲民主党などの野党4党は、15日に菅内閣の不信任決議案を提出します。

 立憲民主党・枝野代表:「国会を閉じ、国民の前で開かれた議論の感染症対策などを進めようとする気がない。この危機に対応するにあたって内閣を信任することは到底できません」

 野党側はコロナ対策の議論を続けるべきだとして、国会の会期を3カ月延長するよう求めていました。

 しかし、与党側が「閉会中審査も可能だ」と拒否したことから、内閣不信任決議案の提出を決めました。

 ただ、午後の衆議院本会議で与党などの反対多数で否決される見通しです。

 自民党の二階幹事長は内閣不信任決議案が提出された場合、菅総理に対し、「解散を進言する」と話しています。

 一方、菅総理は「出た時点で考えたい」としていますが、これまでコロナ対策が最優先だという立場を示しています。

こんな記事も読まれています