スマホ、9割の世帯で所持 ネット利用もPC上回る[2021/06/18 16:51]

 総務省は通信利用動向調査の結果を発表し、スマートフォンを持っている世帯が9割近くに上っていることが分かりました。

 総務省では毎年、全国の世帯と企業を対象に情報通信サービスの利用状況を調査しています。

 この調査によりますと、去年8月末の時点でスマホを持っている世帯は86.9%に達したということです。

 一方で、従来型の携帯電話とPHSの保有は減少傾向が続いています。

 個人のインターネット利用については引き続きスマホがパソコンを上回り、20歳から39歳の各年齢層で9割以上が利用しています。

 また、企業のテレワーク導入も急速に進んでいて、導入率は前の年に比べて47.5%に達しています。

こんな記事も読まれています