五輪合宿で成田到着 ウガンダ選手団で1人陽性[2021/06/20 06:56]

 東京オリンピックに出場するアフリカ・ウガンダの選手団の1人が成田空港でのPCR検査で陽性だったことが分かりました。

 内閣官房参事官:「抗原検査を行ったんですが、そこで陰性という結果が得られず、PCR検査を行った結果、陽性という判断になった」

 来日した海外のオリンピック選手団で陽性が判明したのは初めてで、この陽性者1人は入国できなかったということです。

 内閣官房によりますと、今回来日した9人はアストラゼネカ製のワクチンを2回接種し、出国前72時間以内に受けた検査の陰性証明書も提出していたということです。

 入国した選手団は貸し切りバスで合宿地の大阪府泉佐野市に向かいました。

 泉佐野市によりますと、来日したのはボクシング、重量挙げ、競泳の選手やコーチらで、合宿期間は来月19日までとなっています。

こんな記事も読まれています