“まん延防止”延長へ「酒類の提供」対策強化を検討[2021/07/07 12:01]

 政府は7日夕方、東京など首都圏に対する「まん延防止等重点措置」について今後の方針を固めます。飲食店での酒類の提供については、対策の強化が検討されています。

 11日に期限を迎える東京など1都3県に対するまん延防止等重点措置について、政府は東京オリンピックの開催期間を含む1カ月程度を軸に延長する方向で調整を続けています。

 また、飲食店での酒類提供への対応が焦点です。

 政府関係者によりますと、「厳しくせざるを得ない」として「全面停止の要請」を含めて対策を強化する方向で最終的な調整が進められているということです。

 一方、大阪など6道府県については「まん延防止措置」を解除する方向です。

 沖縄については緊急事態宣言の継続か、まん延防止措置への移行が検討されています。

こんな記事も読まれています