「9月上旬解散は無理」風当たり強く自民党内に衝撃[2021/07/19 11:47]

 内閣支持率が下げ止まらないことなど、菅政権への風当たりの強さに自民党内では衝撃が走っています。

 (政治部・小池直子記者報告)
 「完全に危険水域に入っている」として、閣僚経験者からも人事の刷新を求める声が漏れ始めています。

 衆議院選挙を前に危機感が高まっているのは、これまでのオリンピックの対応とワクチン接種の遅れ、さらに西村大臣による酒類の停止要請を巡る迷走が大きく響いたからです。

 自民党内からは、「当初言われていた9月上旬の解散は無理だ」との声が上がるなど、選挙は10月下旬の任期満了近くになるとの見方が広がっています。

 ただ、菅総理大臣を引きずり降ろそうとする動きは見えていません。

 有力なポスト菅が存在していないことに加え、野党の支持率が伸びていないことも上げられます。

 党内からは、内閣改造など人事刷新を行わないと局面打開はできないとの声が上がっていますが、菅総理はコロナ対応が最優先だとして人事刷新には慎重な立場です。

 これ以上の支持率低下を避けたい菅総理としては、ワクチン接種を進めることに全力を挙げるしかないのが現状です。

こんな記事も読まれています