中国を念頭に連携強化で一致 日英防衛大臣会談[2021/07/20 23:30]

 岸防衛大臣はイギリスのウォレス国防大臣と会談し、海洋進出を強める中国を念頭に連携を強化していくことで一致しました。

 岸防衛大臣:「東シナ海や南シナ海における力による一方的な現状変更の試みに強く反対するとの立場や法の支配に基づく自由で開かれた海洋秩序の重要性について認識を改めて一致しました」

 ウォレス大臣からはイギリスの空母「クイーン・エリザベス」が日本に寄港することについて「新しい時代の幕開けだ」と述べたうえで、今年中に2隻の哨戒艦が継続的にインド太平洋地域で展開することを明らかにしました。

 ウォレス大臣は菅総理大臣とも会談し、「自由で開かれた経済や社会を守るために共同で努力する義務がある」と話し、安全保障分野での日英関係の連携をより一層、強化していくことで一致しました。

こんな記事も読まれています