6月の完全失業率は2.9% 3カ月ぶり改善 総務省[2021/07/30 08:58]

 総務省が発表した労働力調査によりますと、6月の完全失業率は2.9%で、前の月に比べて0.1ポイント低下しました。3カ月ぶりに改善です。

 今月30日発表の6月の労働力調査で、完全失業率は2.9%(季節調整値)で、完全失業者数は202万人(季節調整値)でした。

 5月に比べて0.1ポイント低下、2万人減少と、いずれも3カ月ぶりに改善しました。

 また、就業者数は6666万人(季節調整値)と、前の月に比べて21万人増加しました。

 産業別に見ると、巣ごもり需要による情報通信業や緊急事態宣言前後の揺り戻しで宿泊業、飲食サービス業が増えています。

 ただ、依然としてコロナ前の水準には達していないとして、総務省では今後の動向を注視したいとしています。

こんな記事も読まれています