自衛隊 アフガン派遣へ 現地スタッフ退避で[2021/08/23 07:28]

 政府はアフガニスタンに残っている日本大使館などで働いていた現地スタッフらを退避させるため、自衛隊機を派遣する方向で最終調整していることが分かりました。

 派遣する自衛隊機は航空自衛隊のC2輸送機とC130輸送機で調整しています。

 アフガニスタンには大使館やJICA(国際協力機構)で働いている現地スタッフ20人余りが国外に退避できずにいます。

 そのため、政府は自衛隊機を派遣する方向で最終調整しています。

 23日にも行われるNSC(国家安全保障会議)で最終決定する見込みで、準備が整い次第、出発する方針です。

 アフガニスタン国内には日本人も数人残っていて、希望すれば一緒に退避させることも検討しています。

こんな記事も読まれています