緊急事態宣言…4都県延長で調整 関西・東海も検討[2021/09/05 12:12]

 政府は現在、21都道府県に発出している緊急事態宣言について東京などを中心に12日までの期限を延長する方向で調整に入りました。

 政府は新規感染者数が高止まりしている状況や病床の使用率などを踏まえ、東京など首都圏4都県などで延長する方向で調整に入りました。

 関西3府県と東海3県などで延長するかどうかについても併せて検討します。

 延長幅は2週間から今月いっぱいとする案が検討されています。

 政府は、医療の逼迫(ひっぱく)度合いや重症者数が抑えられている地域は解除に踏み切ることも検討しています。

 今週中に政府対策本部で正式に決定する方針です。

こんな記事も読まれています