“総裁選”石破氏が不出馬表明へ 野田氏は最終調整[2021/09/15 11:59]

 自民党の総裁選挙を巡り石破元幹事長は15日夕方、出馬しない考えを表明します。一方で、野田聖子幹事長代行は出馬に向けた最終調整を行っています。

 (政治部・土田沙織記者報告)
 野田氏周辺は、「推薦人20人の確保が見えてきた」と述べ、実際に推薦人の署名がそろえば出馬表明したいとしています。

 野田氏を支援しようとしていた二階派の議員に加えて、石破氏が出馬断念をした後には、石破派の一部が野田氏の推薦人になるとの見方があります。

 野田氏周辺は、多くの派閥が事実上の自主投票となることから、「派閥の締め付けがなく推薦人を集めやすい環境になった」と述べています。一方で、候補者の乱立を懸念する他の陣営から切り崩されかねないとの声もあり、ギリギリまで調整が続くことになりそうです。

 一方で、岸田前政調会長、高市前総務大臣、河野行革担当大臣は、党員票や議員票獲得に向けて活動を活発化させています。

 この3人に加え、野田氏が出馬できるかどうかが焦点です。

こんな記事も読まれています