北朝鮮ミサイルEEZ内に“落下” 当初説明を修正[2021/09/16 06:39]

 岸防衛大臣は北朝鮮が15日午後に発射した2発の弾道ミサイルについて、日本のEEZ(排他的経済水域)の内側に落下したと推定されると発表しました。

 岸防衛大臣:「(発射された弾道ミサイルは)最高高度で約50キロ程度を変則軌道で約750キロ程度飛翔(ひしょう)し、日本海上に落下したものと推定されます。落下したのは我が国の排他的経済水域内と推定されます」

 ミサイルが落下した場所について、岸大臣によりますと、石川県能登半島沖の舳倉島の北およそ300キロの海域で、日本のEEZの内側と推定されるということです。

 日本政府は当初、EEZの外に落下したとみられると発表していました。

 発表内容を修正した理由について、岸大臣は「その後の分析を通じ、変則軌道で飛翔し、EEZ内に落ちた」と説明しました。

こんな記事も読まれています