立憲枝野代表 国会開かず総裁選「危機感足りない」[2021/09/18 16:26]

 立憲民主党の枝野代表は、自民党の総裁選挙について、コロナ対策を議論する国会を開かずに行うことは「危機感が足りない」として、改めて疑問を呈しました。

 立憲民主党・枝野代表:「なんで現職大臣が、なんでコロナを担当している大臣が、自分が総理大臣になれるかどうか、そっちにうつつを抜かすことができるんですか。相変わらず危機感が足りないんですよ」

 そのうえで、枝野代表は、政府のコロナ対策について、「同じ失敗を繰り返している」と批判し、水際対策を強化することやPCR検査の数を増やすことが必要だと訴えました。

 また、立憲民主党が政権をとれば「命を守ることにはしっかりとお金を使う」として、医療や介護、保育などの分野で働く人の賃金や待遇を改善する考えを強調しました。

こんな記事も読まれています