ANN世論調査“次の総裁”河野氏がトップに[2021/09/20 06:16]

 自民党総裁選挙について次の総裁に河野行政改革担当大臣が良いと答えた人が最も多い48%に上ることがANNの世論調査で分かりました。

 調査は、この週末に行いました。

 自民党総裁選に立候補した4人のうち、誰が次の総裁になることが良いかと尋ねたところ、河野行革担当大臣が48%、岸田前政調会長が18%、高市前総務大臣が10%、野田幹事長代行が7%でした。

 自民党支持層に限ってみると河野氏が53%で過半数に達し、岸田氏が20%、高市氏が13%、野田氏が5%でした。

 また、新しい総裁に期待する政策については「新型コロナ対策」と答えた人が44%で最も多く、「経済・財政政策」と答えた人が42%で僅差で続き、「年金・社会保障制度」と答えた人が34%でした。

 次の総理大臣は安倍内閣や菅内閣が行ってきた政権運営の手法を、「続ける方が良い」と答えた人は19%にとどまり、「変える必要がある」と答えた人が67%にのぼりました。

 一方、菅内閣の支持率は29.4%で、先月の調査から3.6ポイント上昇しましたが、3カ月連続で3割を切りました。

こんな記事も読まれています