「18歳以下に10万円」給付案 公明党が申し入れ[2021/11/08 17:14]

 自民・公明両党は経済対策を巡る協議を8日、スタートさせました。これに先立ち公明党は、18歳以下の子どもに10万円を給付する案などを盛り込んだ提言を松野官房長官に申し入れました。

 公明党・竹内政調会長:「選挙でお約束したことでございますんでね、国民に対してね。やっぱり実現する必要があると」

 公明党は衆院選の公約に掲げた18歳以下の子ども1人あたりに一律10万円を支給することや、マイナンバーカードの普及に向けた3万円相当のポイント付与などを盛り込んだ提言を、松野官房長官に申し入れました。

 松野長官は、「与党でしっかり検討して頂きたい」と述べるにとどめ、自民・公明の幹事長による協議を見守る考えを示しました。

こんな記事も読まれています