立憲代表選 “党の再生”各候補が討論会でアピール[2021/11/29 06:19]

 立憲民主党の代表選挙の候補者が討論会に参加し、党の再生に向けて意欲をアピールしました。

 西村智奈美衆院議員:「自治体議員の皆さんこそが実は立憲民主党の本当に住民に一番近いところで活動していらっしゃるので、その方々こそが立憲民主党の力だと思うんです。ぜひ党運営に参加していただけるような方策を考えたいと思っている」

 小川淳也衆院議員:「『次の内閣』を明確に組織して、女性と若手に大胆に入って頂いて、発信力のある体制をぜひつくっていきたい。批判をする時は国民がほれぼれするような批判をしてこそ、私たちの務めを果たしているということになると思います」

 泉健太政調会長:「他社の商品をこき下ろしても自社の商品は売れないということだと思うんですね。やはり立憲民主党としての商品をちゃんと国民の皆様にお届けしなければいけない。こういうところが弱かったのではないか」

 逢坂誠二前政調会長:「私は『聞く力』だと思います。岸田さんではないんですけれども、少し反対してるんじゃないかなっていうような人の所へ行って聞くということをこれから一生懸命やる。私はそういう党作りをしていきたい」

 立憲民主党の代表選は30日に投開票です。

こんな記事も読まれています