北朝鮮の“弾道ミサイル”岸田総理が対応を指示[2022/01/17 10:36]

 北朝鮮が17日、弾道ミサイルの可能性があるものを発射したことをうけ、岸田総理大臣は情報収集・分析に全力を挙げることなど、3点の指示を出しました。

 岸田総理は「情報収集・分析に全力を挙げ、国民に対して迅速・的確な情報提供を行うこと」「航空機、船舶などの安全確認を徹底すること」「不測の事態に備え、万全の態勢を取ること」の3点を指示しました。

 政府は、現在、関連省庁による緊急参集チームが集まって情報収集と分析を行っています。

こんな記事も読まれています