連合、支援政党明示せず 今夏の参院選基本方針[2022/02/17 23:32]

 連合は夏の参議院選挙に向けた基本方針をまとめました。支援政党については明示しない一方、立憲民主党と国民両党との連携は維持する考えを示しました。

 基本方針では立憲・国民両党について「連合の政策実現に向けて引き続き連携を図ることが基本」とし、支援政党とはしないものの連携を維持する考えです。

 また、「目的と基本政策が大きく異なる政党と連携する候補者を推薦しない」と明記し、共産党や日本維新の会との連携に釘を刺しました。

 連合は夏の参院選で、自動車総連や自治労などから9人の候補者を立憲・国民両党の比例代表で擁立する方針で、全員の当選を目指すとしています。

 一方、連合の支援を受ける両党の国会議員は国会内で会合を開き、定期的に意見交換を行う「政治懇談会」を立ち上げました。

 参院選に向けた連合との関係強化が狙いです。

こんな記事も読まれています