「原油の安定供給を」日UAE外相会談で林外務大臣[2022/03/21 09:39]

 ウクライナ侵攻などによる原油価格の高騰を巡り、林外務大臣は日本の輸入量のおよそ3割を占めるUAE=アラブ首長国連邦を訪れ、原油の増産や安定供給を要請しました。

 林大臣は20日から21日にかけて、UAEのアブドラ外相や国営石油会社のCEOを務めるジャーベル産業・先端技術大臣と会談しました。

 会談で林大臣は「UAEは、OPEC=石油輸出国機構プラスの主要メンバーとして、世界の原油市場の安定化に貢献してほしい」と原油の増産を求めました。

 アブドラ外相からは「日本の信頼するパートナーでありたい」と前向きな意向が示されたということです。

 さらに、水素やアンモニアを活用した脱炭素化の取り組みなど、再生可能エネルギーでの連携も確認しました。

 これに先立ち、林大臣は2025年の大阪万博の開催に向け、ドバイ万博を視察しました。

 訪れたウクライナ館に設置されたボードには「日本はウクライナ国民と連帯しています」とのメッセージを寄せました。

こんな記事も読まれています