AV出演を強要された被害者らが法整備を訴え 高校生など若年層への被害拡大に懸念[2022/03/23 17:35]

 アダルトビデオへの出演を強要された被害者らが法整備を訴えました。

 被害女性・くるみんアロマさん:「18、9歳の子が冷静な判断で断れるかと言ったら、それは違うなと」

 今の民法の規定では、アダルトビデオへの出演を契約しても20歳未満の未成年は取り消しが可能です。

 しかし、民法の改正で4月から成人年齢が引き下げられ、18歳から19歳は保護の対象から外れるため、高校生など若年層に被害が広がるのではないかとの懸念が出ています。

 与野党は契約を取り消せる法案の提出も含めて対応を検討する考えです。

こんな記事も読まれています