連合会長が自民党の会合に異例の出席 最低賃金の引き上げなど政策を説明[2022/04/18 23:26]

 労働組合の中央組織連合の芳野会長が自民党に最低賃金の引き上げなど連合が掲げる政策を説明しました。野党の支持団体のトップが自民党の会合に出席するのは異例です。

 連合・芳野友子会長:「ぜひ自民党にもお力を貸して頂きたいというお願いをし、自民党の方からもぜひ課題解決に向けてということを頂けたので、私たちとしては政策実現に向けてこれから一緒に取り組めればなと」

 連合の芳野会長は自民党本部を訪れ、最低賃金の引き上げや雇用、労働環境の安定の必要性について説明しました。

 これに対し、自民党の上川幹事長代理は「非常に建設的な意見交換ができた」と強調しました。

 連合は立憲民主党や国民民主党の支持団体で会長が自民党の会合に出席するのは異例です。

 自民党としては先月、麻生副総裁が芳野会長と会食するなど夏の参議院選挙を控え、連合と距離を縮める狙いがあります。

こんな記事も読まれています