「100万円しかない」細田衆議院議長の発言に与野党から批判[2022/05/12 17:36]

 細田衆議院議長が「議長になっても毎月もらう歳費は100万円しかない」などと発言したことを巡り、与野党から批判の声が上がっています。

 立憲民主党・小川政調会長:「国民生活が逼迫(ひっぱく)するなかで議員に対しては厳しい目が注がれており、様々、自らの処遇や特権と言われるものについても、見直しの必要性がこれまでになく高まっている。極めて不適切な発言だ」

 細田議長は10日、自民党議員の会合で、国会議員の給与について「議長になっても毎月もらう歳費は100万円しかない」「手取り100万円未満の議員を多少増やしてもばちは当たらない」などと述べ、議員定数の削減に否定的な考えを示しました。

 野党側は、「議長の資質を含め大きな問題がある」として抗議する考えです。

 また、与党内からも「国会議員の側から言ってはいけない」などと批判が出ています。

 細田議長はこれまで、衆議院小選挙区の定数「10増10減」の見直しについても否定的な発言を繰り返し、国会で問題となっていました。

こんな記事も読まれています