未就学児への“マスク推奨”見直しへ 夏の熱中症リスク踏まえ[2022/05/18 23:26]

 オミクロン株対策として「一時的に着用を勧める」としてきた2歳以上の就学前の子どもへのマスク着用について、政府が見直す方向で検討していることが分かりました。

 2歳以上の就学前の子どもへのマスク着用を巡り、厚生労働省はオミクロン株対策として「可能な範囲で一時的にマスク着用を推奨する」としています。

 政府関係者によりますと、ピーク時に比べると感染が落ち着いていて今後、夏を迎えて熱中症のリスクが高まることなどから、子どものマスク着用を見直す方向で検討しているということです。

 19日の厚労省の専門家会合で意見を求めます。

 一方、大人のマスク着用を緩和することはせず、マスクを外してよい場面をより明確にしてリーフレットなどで周知する方針です。

こんな記事も読まれています