バイデン大統領のキーウ電撃訪問に松野官房長官「敬意を表す」[2023/02/21 12:27]

 アメリカのバイデン大統領がウクライナの首都キーウを電撃訪問したことについて、松野官房長官は「ウクライナへの連帯を示す動きだ」と敬意を示しました。

 松野官房長官:「侵略から1年を前に米国がウクライナへの連帯を示す動きとして敬意を表します」

 そのうえで、松野長官はウクライナ侵攻から1年となる24日にG7=主要7カ国の首脳テレビ会議を主催し、ゼレンスキー大統領を招き「5月のG7広島サミットに議論をつなげる」と強調しました。

 一方、岸田総理大臣のキーウ訪問については「安全対策などの情勢をふまえて検討しているが、現時点で何も決まってない」と述べるにとどめました。

 政府関係者は「戦車が欲しいという時に日本が行って何ができるのか」などと話していて、訪問する際の安全確保と追加支援策の両面から難しい調整が続いています。

こちらも読まれています