自見大臣また不記載…50万円の寄付記載漏れを明らかに「不明を恥じる」[2023/12/01 16:30]

 政治とカネの問題が相次ぐなか、自見万博担当大臣は自身の政治団体が50万円の寄付を受け取っていたにもかかわらず、政治資金収支報告書に記載していなかったことを明らかにしました。

 自見万博大臣:「お尋ねの団体(大阪府医師政治連盟)からは令和4年5月6日に50万円の寄付を受けておりましたが、事務的な誤りにより、収支報告への寄付金の記載が漏れていたことが判明したものであります」

 自見大臣は2022年の参議院選挙の際、165万円の家賃収入を政治資金収支報告書に記載していなかったことが先週、明らかになったばかりです。

 これらの収支報告書への記載は政治資金規正法で定められています。

 相次ぐ問題に自見大臣は「不明を恥じている」としたうえで「今後は同様の誤りを起こすことのないよう適切な事務処理に努めたい」と述べました。

こちらも読まれています