政治資金規正法改正案 自公で溝埋まらず 自民単独での提出の見通し[2024/05/15 23:45]

 政治資金規正法の改正案について自民党と公明党の溝が埋まらず、自民単独での提出となる見通しです。

 自民党が公明党に示した条文案では、パーティー券の購入者の公開基準について、今の「20万円超」から「10万円超」に引き下げるとしています。

 公明党は「5万円超」を主張していて、溝は埋まりませんでした。

 政策活動費については受け取った議員が「組織活動費」や「調査研究費」などの目的に分けて支出した金額を政党に報告し、党が収支報告書に記載するとしています。

こちらも読まれています