金、銀、亜鉛…沖縄本島沖海底に大規模鉱床発見![2013/04/08 17:03]

 沖縄県沖の海底で、金などを含む大規模な鉱床が見つかりました。

 新たに見つかったのは、沖縄本島から北西に約100キロの伊是名海穴という海域です。これまでにも約340万トンの海底熱水鉱床が見つかっていましたが、今回、新たに行った調査の結果、今までに確認されていた鉱床よりもさらに深い位置に別の鉱床があることが確認されました。この鉱床は金、銀、亜鉛などを含み、海底面より30メートル以上深い位置に広がっています。今回、発見された鉱床を含めると、日本周辺海域には約5000万トンを上回る鉱石資源が埋まっていると推定されます。

撮影:JOGMEC

こんな記事も読まれています