小平市で都内初の住民投票 投票率50%未満開票せず[2013/05/26 11:53]

 東京・小平市で、道路建設の是非を巡って都内初の住民投票が行われています。投票率が50%に届かなければ、「不成立」として開票も見送られます。

 この住民投票では、小平市で計画されている長さ1.4キロ、片側2車線の道路建設について見直すべきかが問われています。「自然を守るべきだ」とする住民の声で投票が実施されることになりましたが、市議会は、投票率が50%に達しない場合、開票しないという条件を加えました。26日午前9時現在の投票率は2.1%です。また、有権者の7.3%にあたる1万人が期日前投票を済ませています。投票は午後8時に締め切られ、午後10時には投票率が明らかになる見通しです。

こんな記事も読まれています