フナに続き…大量の小魚死骸 神奈川・平塚市[2013/09/06 20:38]

 神奈川県平塚市の用水路で、大量の魚が死んでいるのが見つかりました。

 平塚市によりますと、6日午後4時前、散歩中の市民から「用水路にたくさんの魚が浮いている」と市役所に連絡がありました。連絡を受けた職員が市内を流れる幅約60センチの農業用用水路を確認したところ、体長が3センチから5センチほどの小魚数百匹が死んで浮いていたということです。市は、水を採取して詳しく調べるとともに、魚の回収を進めています。この用水路では去年11月にも、フナなどが大量に死んでいるのが見つかっていますが、原因は分かっていません。

こんな記事も読まれています