インドネシア警察が神奈川県警を表敬訪問[2013/09/24 18:22]

 インドネシア国家警察の幹部が24日、日本の警察制度を学ぶ研修の一環として、神奈川県警本部長を表敬訪問しました。

 神奈川県警・石川正一郎本部長:「心から歓迎いたします。この研修でさまざまなことを学ばれて、将来のインドネシア警察の発展に尽くされ、日本とインドネシアの友好関係の向上に役立てて頂けるように、我々としても精一杯、支援させて頂きます」
 インドネシア国家警察は、日本の警察制度を学ぶために、2001年から毎年、幹部が研修のため日本を訪れていて、今年は神奈川県警と北海道警に8人ずつが派遣されました。すでにインドネシアでは、日本の交番制度が導入されていますが、今回は、さらに落とし物取り扱い業務を学ぶなどして、今後の交番運営に生かしたいとしています。研修は、来月17日まで行われます。